JA、産地を巡ってきました

この4月に入社したばかりの新人君の研修の一環として、JAの施設やお米の産地を実際に訪問して紹介しています。

今回は、山口・阿東地区から防府・徳地地区、そして美東地区を巡り、JAさんの話を聞いたり田んぼの状況を確認したりしてきました。

阿東徳佐トラクター

これらの写真は阿東徳佐の田んぼの様子です。阿東地区はコシヒカリの作付が多いので、もうこの時期には既に田に水が入っていて、早いところでは既に田植えを始めているところもあるそうです。

みずほ米のひとつ「寿泉130(特別栽培米阿東産コシヒカリ)」の生産者の方が、ちょうど圃場で草刈りや田起こしをされていたので少しお話しさせて頂きました。これからまた忙しくなると心なしか嬉しそうにお話しされていました。

レンゲ草この写真は、防府市西浦地区の田んぼの写真です。西浦地区はもち米の産地であり作期がもう少し遅いからか、今はまだレンゲ草がキレイに花を咲かせていました。

レンゲ草は、そのまま一緒に耕すことによって有機肥料としての役割も果たすことから景観保全と土壌改良のために植えている圃場も少なくありません。

一面がピンク一色になっている景色は見ていてとても気持ちいいですね。これがなかなか上手に一面咲かせるのが難しいという話です。

引き続きほかの産地にも足を延ばそうと思っています。

※注意※ 筆者は決してドライブを楽しんでいるわけではありません。あくまで仕事の一環、しかも大事な新人の研修という名の元に産地を巡っています(^^)笑

「寿泉130(特別栽培米阿東コシヒカリ)」は「寿泉130」及び「維新の一粒」という商品名で販売されています。

お求めはお近くのお米屋さんかスーパー各店、または西の京山口からみずほ屋へ。

「きぬむすめ」炊き比べ

「お米」を中心に扱っている我社では、不定期的にごはんを炊いて実際に食べ比べてみるということを実施しています。

本日は、たまたま山口近県の「きぬむすめ」の原料が揃ったので、同じ品種で違う産地のお米にどれくらい違いがあるのか、を実際に体験するべく本社にて試験炊飯してみました。

今回用意したお米は、次の通りです。

岡山県産きぬむすめ、②島根県産きぬむすめ、③鳥取県産きぬむすめ、④山口県産きぬむすめ、の4つです。

全て品種は”きぬむすめ”ですが作られた産地が違います。つまり、気象環境や土壌条件、水質などの育った環境が全く違います。この違いがごはんにしたときにどれくらい味や食感に影響するのでしょうか。

炊飯の仕方で差が出ないように、研ぎ方や水の量など、可能な限り同じ条件の下で炊飯を行い、みんなで食べ比べてみました。

厳密に言うと、香り・外観・粘り・硬さ・総合評価という項目ごとにそれぞれ評価するのですが、単純に一番美味しかったものはどれですか、という質問の回答だけを見てみると…

最も人気が高かったのが「島根県産きぬむすめ」でした!

各項目ごとの評価を見ても。島根のきぬむすめは全体的に点数が高く、低めの評価をしている人はほとんどいませんでした。

我社の「島根県産きぬむすめ」は、一部スーパーで特売商品として取り扱ってもらっていますので、もし見かけたら是非一度食べてみてください。

右の写真の米袋です。”島根県”と”きぬむすめ”をイメージしたオレンジとピンクの綺麗な米袋デザインになっています。

 

もちろん、一口に”島根県産”といっても島根県のどこで作られたのかによってもやはり違いがありますし、また年によってお米の出来も違います。

そのため、こうして時々ごはんを炊いては食べ比べてみる、ということが大事だと思っています。

また面白い食べ比べを実施した際には記事にしたいと思います。

30kg紙袋入りの玄米について

最近、玄米を30kgの紙袋入りの状態で購入されたというお客様からのお問合せが多かったので、今回はこのことについて書いておきます。

「玄米の袋の中に、小石や草などお米ではないものが入っていたがなぜなのか?」

こういったお問合せを頂くことがよくあります。

その際の回答としては、すごく端的に言うと、

「30kgの紙袋に入った状態の玄米には、小石や草などの土壌由来の異物が混入していることが時々あります」という回答となります。

玄米は収穫したままの農産物なので、稲わらや小石が入っていてもおかしくはありません。そのわけを以下に記載していきます。

玄米が30kgの袋に詰められるまでの過程は次の通りとなっています。

大まかに、刈り取り⇒脱穀(稲からもみの状態にします)⇒乾燥⇒籾摺り(もみ殻を取り除いて玄米の状態にします)⇒袋詰め、となります。

これらの工程だけでもほとんどの異物は稲わらやもみ殻と一緒に取り除かれるのですが、小石などを取り除くことを目的としている工程はないので、時々そのまま玄米と一緒に混入してしまうことがあります。

規模が大きい法人(農家さんが何件か集まって作った生産団体)さんは、共用の大きい設備を保有していることが多く、袋詰めの前に玄米用の色彩選別機を設置しているところもあります。その場合は、異物が混入している可能性はとても低くなりますが、個人の農家さんでは設置していない場合がほとんどです。

そのため、玄米袋のまま販売されているものの多くは異物を除去する工程を通っていないため、小石や稲わらなどが混入している可能性が0ではないということです。

 

 

 

 

(左の写真)刈り取ったばかりの稲の状態 (右の写真)脱穀したもみの状態

 

弊社の精米工場やそこここに設置してあるコイン精米機などには、石抜き機や色彩選別機、金属探知機などといった”特定の異物を除去することに特化した機械”が存在します。

精米工場では受け入れた原料玄米を搗精(ぬかを取り除くこと)する過程の中で異物除去の工程を何段階も通すことにより、お米屋さんやスーパーに並ぶ精米製品を作っています。

製品として販売されている精米に異物が入っていることはまずありませんので、もし何か混入物が見つかった場合は迷わず製造元へ問い合わせましょう。

まとめると、最初に記載しました通り30kgの紙袋に入った状態の玄米には小石や稲わらなどの土壌由来の異物が混入していることが時々あります。

コイン精米機を通して精米にする場合は石抜き機がついているので多少は安心ですが、玄米のまま食べたいという場合は洗米の際に注意して見て、もし異物があったら取り除いて炊飯してください。

我々の本音を言うと、きちんと異物を除去する工程を経て丁寧に搗精された自慢の精米の製品をご購入して頂けると嬉しいです。

内定者合同研修会がありました

3月18日、海峡メッセ下関にて、山口しごとセンター主催の内定者合同研修会が開催され、この春我社に入社予定の新卒者2名が参加しました。

基本的なビジネススキルやコミュニケーション能力についての講義や、グループワークでは電話応対や自己表現などを実践しました。

参加した新卒者たちは、まだ着慣れないスーツに緊張した面持ちで一生懸命研修に取り組んでいました。

これで入社前の研修は終了です。いよいよ4月1日に入社を迎えることに成ります。

今後の若者たちの活躍に大いに期待するところです。

無洗米について

最近、たまたまですが”無洗米”についての問い合わせが続けてありました。今回は意外と知らない事が多い”無洗米”について記載しておきます。

”無洗米”とは、”洗ってないお米”、ではなく、”洗わなくてもそのまま炊くことが出来るお米”のことです。

一般的に販売されている精米は、玄米の状態から精米工場の精米機などで米ぬか層を剥いたものです。

通常の精米はその取り除いた米ぬかが精米の周りに付着している状態なので、そこで皆様にはご家庭で洗米し、米を研ぐことにより残ったぬかを完全に落としてもらっているわけです。

”無洗米”は、専用の機械で特殊な加工を施すことにより、米ぬかをほぼ完全に取り除いた精米です。そのため、洗米の必要がなくそのまま炊飯することができるのです。

そして、無洗米を炊飯する際には、水加減に注意が必要です。

というのも、計量カップで1合を計るときに、同じサイズの計量カップですくった場合、通常精米と無洗米とでは内容量にわずかな差が発生します。無洗米の方がぬかが付着していない分、お米の量が多くなってしまいます。

そのため、同じ水加減で炊飯するとお米と水の割合が崩れてしまうので、上手に炊けないことがあります。無洗米をいつもの計量カップで計る場合は、少しお水を多めに入れて炊飯すると良いかもしれません。

我々としては、無洗米専用の計量カップを使用することをオススメします。そうすることで、通常精米と同じように炊飯器の内釜の水の量の目安線に合わせての炊飯が可能です。

普通にスーパー等で販売されていますので、無洗米を初めて使われる際には是非探してみてください。

何を隠そう我が家も最近は無洗米を使用しています。毎晩炊飯器で翌朝炊き上がるようにセットしているのですが、お米を研ぐ手間が省けてとても楽です。

冬場は冷たい水に触れなくても炊飯が出来るので、冬場だけ無洗米を使うという方もいらっしゃいます。

毎日家事に育児に大忙しの奥様も、お米を炊くのは自分の仕事だという旦那様も、無洗米の利用は一考の価値ありです。

精米工場がパワーアップしました

この度、精米工場の機械が新しくなりました!

弊社の精米工場は、1971年に今の下関市東大和町に建設されて以来、より良い製品の製造に努めてまいりました。

そしてこの度、工場の精米機を含めた精米ラインの機械を新しいものに更新しました。

そこで、せっかくなのでと従来の精米機で加工したお米と新しい精米機で加工したお米とを比較してみたところ、やはり色々と違いが見えてきました。

1.見た目が美しい

まず精米の見た目からいうと、新しい精米機で加工した精米の方が明るいように見えますお米は白ければよいというものではありませんが、見た目に美しい方が美味しそうに見えますよね。ちなみにお米の白さと美味しさの関係について詳しく知りたい方はコチラをご参照ください。

精米の品質を見る基準として「白度」というものがあるのですが、機械で測る数値に大きな違いは出ていませんでした。しかしながら、目に見えて白さ・明るさが違うのはおそらく「ぬか切れの良さ」からくるものではないかと技術者の方は言っておられました。

通常精米には表面にぬかが付着しており、これをご家庭で洗米して取り除いてもらうのですが、この残り方が違うのではとのこと。確かに実際に炊いた時の感想として、洗米の時の水の濁り方が明らかに違いました

新しい精米機は、精米の工程の最後の「磨き」の部分で従来のものよりも大幅に優れているのではないかということでした。

2.ごはんの美味しさが長続きする

実際に炊いたごはんを本社のみんなで食べてみたのですが、これについては「どちらも美味しい」という意見が大半でした(笑)

元々自信を持ってお客様に販売している商品ですし、当然ですが精米機が新しくなったからと言ってさらに美味しくはならないようです。

しかし、違いが表れたのはごはんを炊いてしばらくしてからでした。

よくお客様からも「ごはんが保温していたら黄色くなった」という話を聞くことがあります。これは”メイラード反応”と言って、ごはんに含まれる糖やアミノ酸が高温下で反応して黄色く変色してしまう現象です。

今回、ごはんを炊いてしばらく保温してその後の色やにおいの変化を見ていたのですが、新しい精米機で加工したごはんの方が変色が少なかったです。炊いた後の品質の劣化が少ないというのは、ご家庭でごはんを食べる上でもとても良いことのように思います。

そうはいっても、あまり長時間の保温はお勧めできませんので、すぐに食べられない場合は冷凍保存などして美味しさを保つ工夫をお願いします。

今回の炊飯で見られた目立った違いはこの2点でした。間違いなくお米としての品質は上がっているように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真は新しく導入した機械たちです。性能もさることながら、従来のものと比べてとてもコンパクトでスタイリッシュ!カッコいいです!

 

 

やはり新しいものというのは何でも気持ちの良いもので、工場の職員らも気持ち新たに、より良い品質のお米を皆さんの食卓へお届けしていきたいと思います。

今年度入社予定者の入社前研修を行いました

今年度の入社予定者2名に対する入社前研修を精米工場にて行いました。

座学研修風景

今回は精米工場の役割や仕組みを勉強し、工場内部を見学しました。

少し緊張した様子でしたが、工場長の話を熱心に聞き、初めて精米機や精選機など精米の製造工程を見て驚いた様子でした。

コロナ禍で感染対策に留意しながらの研修となったので十分とは言えなかったかもしれませんが、入社まで1ヶ月ちょっととなり気持ちも新たにできた研修だったのではないかと思います。

事務所研修風景現場研修風景

ただでさえ工場長は熱が入ると話が長くなってしまうので、全てが初めての二人にはさらに長く感じたかもしれません(笑)

周南市鹿野もまた別世界

少し前に山口市の中でも阿東はまた別世界という記事を書きましたが、周南市の鹿野もまた別世界です。

本日所用で、普段からお付き合いのある㈲鹿野アグリさんへお邪魔してきました。

少し前に降った雪がまだまだ大量に残っており、道中の山道は日陰になっているところは路面が凍結していました。

話しを聞くと、こんなのは全く普通で、年明け最初の仕事も雪かきから始まったとのこと。

まず家から出るのも雪かき、道路に出ても雪かき、職場に入るにも雪かき、どこに行ってもまず雪をどけないことには何もできない状態だったそうです。

除雪車も全く追い付いていなかったので、ボランティアで色々なところの雪をどけて回ったと言われていました。

周南市さん、もしよければ鹿野アグリさんへ感謝状を贈ってあげてください(笑)

 

阿東もそうですが、標高が高い、積雪が多い、夜間の気温がぐんと下がる、お米の名産地にはこれらの気象条件が揃っていますよね。

とにもかくにも今年の鹿野の米作りは水には困らない年になりそうです。

オンライン新年会を開催しました

新型コロナウイルスの影響で、マスクの着用が当たり前になったり、外出を控えるようになったりと、人と人との交流が持ちにくい状況が続いています。

瑞穂糧穀本社の親睦会では、いつも年明けの新年会を開催しているのですが、今年は大人数で一か所に集まっての会食は控え、ウェブ会議アプリZOOMを利用したオンライン新年会を開催することとしました。

初めての試みだったこともあり、接続の仕方やアプリの操作の仕方などに四苦八苦しながら、なんだかんだみんなで楽しい時間を過ごすことができました。

写真は始まる前の準備段階の様子です。今回は14名の参加だったので、全員が1画面に納まりました。

今後、働き方についてもリモートワークやオンライン会議など、新しい様式に慣れていく必要があると思われます。

まだまだ従来の働き方から急には変えられませんが、その小さいきっかけのひとつになればいいかなと思いました。

 

ちなみにこの度は、リモート飲み会専用の宅配フードボックスというものを頼んでみました。飲み物もそれぞれがお好みで選択でき、食べる物もクール便で届き、みんな美味しかったと好評でした。

ご興味のある方はご参照ください。 →→→ nonpi foodbox

大山ハムの2021春セットがお得

瑞穂糧穀では、定期的に大山ハムのお得なセットを販売しています。

中でも、現在予約受付中の2021年春限定セット「春の恩返しセット」が特に反響が大きいです。

確かに中身のボリューム感も申し分ないし、それでいて価格とのバランスもとれておりコスパが非常に高いのではと思います。

大山ハムと瑞穂糧穀からの恩返し、是非この機会にお試しください。